泣き寝入りをしない方法

交通事故の被害者になってしまうと、人身事故や後遺症で通院している、肉体的・精神的苦痛で落ち着かない中、加害者の保険会社から損害賠償額(慰謝料)を提示され、示談をするように迫られます。きちんとした示談交渉をせず、先方の言うままの慰謝料額で示談してしまう。しかし、あとになって予想以上に後遺障害が残ったり、仕事ができずに逸失利益で損したり、損害賠償額が少なかったことを後悔したりと、そんな二重の泣き寝入りをしてしまう方が多くいらっしゃいます。

このような示談は大変危険であるということご存知ですか?

私はかつて、損害保険会社数社の顧問弁護士を歴任し、その後、弁護士会の交通事故問題の相談員を努める等、交通事故問題の専門家として、多くの示談交渉や裁判を手がけてきました。 これまでの豊富な経験と実績を最大限に活用して、交通事故「被害者」の救済のために全力で力になります。 交通事故の損害賠償請求(慰謝料請求)・示談交渉は、私たち専門家にお任せ下さい。

多くの人が知らない示談・慰謝料のポイント

 
  • 1.示談した内容を覆すのは容易ではない。
  • 2.損害賠償額の算定基準は、保険会社の基準が絶対ではない。
  • 3.後遺障害の等級認定によって損害賠償額に大きな違いがある。
  •  

一度、示談したらもう覆せない!

一旦示談が成立すると、あとになって怪我が悪化した、想像していたよりも生活に支障をきたす後遺障害が発覚した、そういった事情があっても示談をしなおすということは大変困難になります。 「示談書作成当時、後遺障害が発生することを予想することができなかったこと」「後遺障害と交通事故との因果関係」を証明しなければならないため、手間も時間もかかってしまい、大きな負担になってしまいます。 そのためにも、決してあせらずに、損害賠償額(慰謝料金額)が妥当かどうか、交通事故に詳しい弁護士に相談して納得した上で示談することを強くお勧めします。

あなたは、もらえる損害賠償(慰謝料)で損をしている!

交通事故の損害賠償額の算定基準には、実は「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士会基準」「裁判基準」など、いくつかあります。 そして、このうち「弁護士会基準」が最も高額となっています。

例えば、交通事故で両耳の聴力が失われたAさんの場合
後遺障害等級4級に該当しますが、後遺障害の慰謝料について、「任意保険基準」では850万円なのに対し、「弁護士会基準」の場合、1,670万円と、およそ2倍の差があるのです。 Aさんの案件の場合、保険会社へ「弁護士会基準」での慰謝料を請求し、結果、約1,200万円の後遺症慰謝料が認められました。 交通事故ごとに障害の細かい症状が異なりますので、基準の金額が全面的に認められるわけではありませんが、弁護士が保険会社と交渉する際は、「弁護士会基準」の金額で示談交渉します。 後遺障害の「等級認定」次第で、損害賠償額(慰謝料金額)が全然かわる!
Bさんは交通事故により、むち打ちの怪我を負い
3ヶ月通院しても病院には「これ以上回復する見込みがない」と言われました。 通常、むち打ちについては、自覚症状によることが多く、病院の検査等でもはっきりとした結果が出るものではないため、後遺障害として認定されない例が少なくありません。 Bさんの交通事故の案件では、検査結果の調査、及び主治医への面談を行った結果、立証次第では、後遺障害第12級に該当することが判明。後遺障害の異議申し立てを行い、後遺障害等級12級13号が認定されました。 後遺障害非該当の場合、後遺症の慰謝料・逸失利益については0円だったところ、後遺障害等級12級13号が認定されたことによって、後遺症の慰謝料250万円、逸失利益600万円、計850万円の損害賠償が認められました

TOP